純粋@恋人探し
FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

!秘密厳守ですよっ!

ココだけの優良サイトを厳選紹介!!
他の人には教えないでください!!
すべてフリーアドレス可能になってます☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にっと
☆大人体験への扉☆
異性と出会いたい!面倒な手続き一切不要、自分好みのタイプの女の子から直メールがすぐに貰えて、相手のプロフィールをチェック!好みの男性・女性を設定すると理想の相手を紹介する機能がついているため、女性利用者にも大好評!素敵な恋をゲットできます!



ココからはおまけでちょっぴりHなサイトも紹介!

直★直アドGET!!

出会える…なんて当たり前のこのご時世!なんだかんだいっても手っ取り早くしたいならやっぱりセフレファインダーですよね☆
好きな子検索ができるのでハズレがないんですよ!!(>v<)
「手っ取り早くセフレが欲しい!」って方はぜひオススメです☆



抱きしめる
★流行のコミュニティ☆
遂に会員総数がのべ100万人を突破した
今現在一番「アツイ」サイト!
正直僕もここが一番利用しています^^;
まだ若いんで今のうちに遊んどかないとね(*^ー゚)
ここだけの話かなり喰えますよ^^;
「ヤル」ならいま!?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
正直ココまで来るのにはかなりお金がかかりました^^;
でもその分いい思いもしましたけどね@^^@
その努力の結晶を僕のブログに来ていただいた方には
無料&内緒で教えちゃいます☆
本当に苦労したんですからあんまり
他人に教えないでくださいよっ^^;
ではまたいいサイトがあったら
UPしますので乞うご期待!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コンテントヘッダー

何度も恋人探し



パジャマかわいいね。

その上から割れ目を指でなぞるよ。
ゆっくりと焦らすように微妙な力加減で。


っ…はぁ…んっ
もどかしい…


こんなのでも感じちゃうの?
クリ敏感だね
(エナの脚を開いてM字開脚させる)

やらしい格好だよ。
もどかしいならこれはどうかな?
(エナの後ろに回るとそこからパジャマの中に手を伸ばす)
ここが感じるんだね?
(下着の上からクリを指で撫でる)
かわいいからたくさんいじめてあげる。


あし、ひらくなんて…はずかしいっ…
っああ…!っん…そこが、きもちいんですっ…


恥ずかしい?
気持ちいい場所を触って欲しいなら当たり前の格好だよ。
(開かれたエナの股間でモゾモゾとパジャマが動く)

ここ?ここが感じる?
(質問しながら指先でクリを集中していじる)
もう乳首がたったり、おまんこ濡れたりしてそうだね。
(クニクニとクリを転がし続ける)


っあ…はぁ…んっそこがきもち、…っあ!

もう、ぬれてっ…下着がきもちわるい、っっん

はぁ…っっ!


すごい感じてるね。やらしい顔してるよ。

ん?下着気持ち悪いのか。
じゃあ脱がせてあげるよ。
(手をかけるとパジャマごと脱がせてしまい、クリとおまんこが丸見えになる)

ほんとだ、おまんこがヌルヌルになってヒクヒク動いてるよ。
ヌルヌルをクリにも分けてあげようね
(おまんこをなぞりその愛液をクリに塗りつける)


っあ…いや…はずかしいっ…!

っはぁ、きもち、…っっああ!っ、あ、んん!


恥ずかしくて気持ちいいんだね。

ほら、どんどんヌルヌルが出てくるからたくさん塗りつけないとね。
(おまんことクリの間で指を往復させる)
クリもヌルヌルになってるよ、気持ちいい?
(クリを刺激する指が徐々に激しく動き始める)


っはぁ!ん、きもち…っ!!
っああ、だめ、ぬるぬる…ん…はっ、はっ、、だめ、も、いくっ…いく!


イキたいの?
こうやればもっと気持ちいいよ。
(指がさらに激しくクリを刺激し、クチュクチュと音を立てる)

イッていいよ、イク顔みてあげるね。


っ…い、くっ…!!
はずかし、あっだめ、
も、いくっ…
あぁぁ……んん!!!


(エナの身体を後ろから支えてあげる)
いっちゃったね、やらしい顔でかわいかったよ。

ほら、おまんこも気持ち良さそうにヒクヒクしてる
(いったばかりのクリを優しく指でなぞる)


嫌らしいなんて…恥ずかしい…
っああ…!
いったばかり…なのに触っちゃったら…!


恥ずかしがってるのもかわいいよ。

ん?
またイっちゃうの?
(クチュクチュ音を立ててクリを触る)


いっちゃ、う、いっちゃう!!っっああ…!


じゃあ、またいっちゃおうか?
(さっきと同じように激しい指使いでクリを刺激する)
今度はおっぱいも気持ちよくなろうね
(パジャマに手を入れると手のひらで包むように揉む)


あっ…っんっ…ああ!!
むねも、きもち!
だめ、いくっっ!!

…いっちゃいました…


もういっちゃったの?
エナはやらしい子だね。

身体の疼きは収まった?
(今度は指先で乳首をいじりながら)


うずい、ちゃうのがおさまろうと、すると…

和人さんが、さわるからぁぁ…また…っ


エナの身体がやらしいからだよ
(パジャマをまくりあげておっぱいを露わにする)
乳首がたってるよ、おっぱいも敏感なの?
(両手で包むように揉みはじめる)


いやらしいんだなんて…
…ちょっと…敏感かも…っはぁっ…ん


処女なのにいやらしい身体だよ。
(手を動かして両方の乳首を刺激)
乳首は舐めてあげようか。
(エナを横にすると、ねっとりと舌で乳首を舐める)

クリも欲しいよね
(指でまた刺激する)


そんなこと…、いわないでくださ、いっ…

ひっあ…なめられる、と
っっ…

…っっまた、くり、さわるなんて、ひっ…ん!


乳首固くておいしい
(ヨダレを垂らしてからねっとりと舐める)
ペロペロレロレろ
はぁ、。。ちゅっ
(口に拭くんで舌先で転がす)

こっちも気持ちいいんでしょ?
(指2本で挟むようにクリを撫でる)


んんっ…!!っはぁ…!

ちくびが、っっじんじん…するっ…!はぁ…

したも、いじられると、っっん!!はぁぁ!だめ、へんに、なりそ、っっあ!


チュパチュパ。。んん。。レロレロ
(音を立てながら乳首を舐め回す)

我慢しないでいいんだよ
ほらクリも気持ち良さそうだ
(2本指の動きをさらに早くする)


だ、だめにかしょそんなにせめられたら…んっやぁ…だめ、きちゃ……う!また、きちゃう!!


またいっちゃいそうだね。

乳首を舐めまわしながら軽く噛んだり口に含んで転がす。
ヨダレでエナの乳首がやらしく光っている。

両方されると気持ちいいんだね
(遠慮なくクリにヌルヌルを絡めながらいじりまわす)


ひっ……んんぁぁ!!だめ、だめ!い、くっおかしくなる、おかすくなる、っっああ!、いくっっ

…いっちゃいました…


かわいいよ
(ぎゅうって抱きしめて頭を撫でる)

たくさんいっちゃったね。
満足できた?
コンテントヘッダー

恋人探し こんなことありえるの!?

僕が高校一年生の時の話です。
僕に人生初めての彼女ができました。
彼女の名前はあみとします。
彼女は背が小さく、かわいい感じの子でした。
僕も身長が低く(155位)回りからはお似合いだと言われていました。
付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。
もともと、奥手なのでセックスはしたかったのですが、どうしても切り出せなかったのです。
ある日、彼女の両親が仕事で2人とも留守にすることになり、僕は彼女の家に泊まることになりました。
僕は今日こそ!という思いで彼女の家に行きました。しかし、それは悪夢の始まりでした。
僕はその日、彼女とたわいもない話をして、過ごしておりました。
(はあ…今日も無理かな…)
密かにそんなことを考えながら、ゲームなどをしながら、彼女と過ごしていたのです。
しばらくすると、1階のリビングが騒がしくなりました。
「誰かいるの?」
「…妹」
彼女は少し怯えているようでした。
彼女の話によると、1学年下の妹は、中学でも有名な不良で、手に負えないとのことでした。
僕は少し不安になりました。はっきり言って力には全然自信がなくびびりだったので…
(男がいたらどうしよう…)
僕は内心びくびくしながら、聞き耳を立てていたのですが、どうやら女の子しかいないようで少し安心しました。
僕はあみと2人で部屋でゲームをしていたら、しばらくして階段を駆け上がる足音がしました。
ガラッ!
いきなり部屋の扉が開かれました。

「あ~、お姉ちゃん彼氏連れ込んでるんだけど!」
彼女の妹がでかい声で叫んだ。
「はぁ~、マジで~」
妹の後ろから2人の女の子が部屋に乱入してきた。
僕はあみの妹を見て少し驚いた。妹は顔はあみにそっくりだったが、身体はあみのふた回りは大きかった。そして、2人の女の子もあみはもとより、僕よりも身体が大きかった。1人は180近くあるように見えた。
「へえ~、ユカの姉ちゃんって小さいんだね!?」
「っていうか、彼氏も小さくね?」
「ほんとだ~」
どうやら彼女達は酒を飲んでいるようだった。
「ねえ、彼氏~、背比べしようよ?」
「え…」
僕はなんかめんどくさいことになりそうだなと思った。もともと人見知りなので早く部屋から出ていてくれないかなと、思っていました。
「ねえ、やめてよユカ」
あみは妹にびくびくした様子で言った。端から見たら姉妹が逆に見えるだろう。
「お姉ちゃんは黙ってて!」
あみはビクッと身体を震わせ黙ってしまった。
「ほら!」
僕は一番大きい女の子に強引にたたされた。
僕がたった時、顔の正面にちょうど彼女の胸がきた。
「ははは、ほらもっと近づかないと分からないでしょ!?」
「あっ!」
ぼくはユカに押され、大きい女の子と密着状態になった。
「きゃははは、超小さくね!?」
「あははは、かおりがでかすぎるんじゃないの!?」
「今度はあたしね」
ユカは僕の腕をひっぱり、自分の方へ引き寄せた。かおりほどの身長はないが
あみの妹も170センチ近く身長がある。当然僕より10センチ以上高い。
「きゃははははほんとだー、超ちいせえ!」
僕は不機嫌になり、少しむっとした。
「……は?何その顔。文句あんの?」
一番でかいかおりの表情が一変した。
僕は情けないことに、かおりの迫力に一瞬たじろぎ、ビクッと身体を震わした。
「きゃははは、彼氏ビビってんだけど!」
ユカともう一人の女の子が笑っている。
「ねえ、なんか文句あるのかって言ってんの!」
バシッ!
「っ!!」
あまりの衝撃に、初め何をされたか分からなかったが、僕はかおりに頬をはられたようだ。
「!!」
僕はかっとなり、かおりが中学生でしかも女の子ということを忘れて、飛びかかった。
「やめてよ~」
あみが叫んでいるのが分かった。
しかし、僕は簡単にかおりに受け止められてしまい。逆に強烈なビンタをもう一発喰らった。
パン!
きれいな音が部屋に響いた。僕は一瞬また動きが止まってしまった。
パン!パン!パン!
休む間もなくかおりのビンタが僕を襲った。僕はたまらず、うめき声を上げ床に伏せた。
ユカともう一人の女の子の笑い声と、あみの叫び声が聞こえた。
かおりはうつぶせに倒れた僕の髪の毛を乱暴に引っ張り上げ、上にのしかかってきた。
僕は身動き一つとれない。かおりの太ももが僕の両腕を完全にロックして、格闘技のマウントポジションのような形で僕は動けなくなった。
ググッ!
かおりは片手で僕の鼻をつまみ、もう一つの手で口を塞いだ。
「ふぅ~!!ふぅ~!!」
僕はあまりの苦しさに足をばたつかせたが、まったくかおりの身体は動かなかった。手は完全にロックされている。
僕の顔面は紅潮して、意識が遠のいた。
その瞬間、かおりが手を離した。
「ぶっはぁーー!はあはあはあ!」
「きゃはははははは」
女の子の笑い声と、恐らくあみの泣き声が聞こえる。
「僕はあまりの苦しさのため、涙目になっていた」
ググっ!
かおりはもう一度同じことをくり返した。
そして、また意識が遠のく瞬間に手を離す。
「ぶっっはぁぁぁーーー!!…わ、わーーわーん!!」
そうすることもできない僕は恐怖のあまり、泣いてしまった。
「きゃははは!彼氏泣いちゃったんだけど!?お姉ちゃん?彼氏中学生に泣かされてるよ~」
あみはもう一人の女の子に押さえつけられて、泣いていた。
「何泣いてんだよ!文句ある面してたでしょ!?」
パン!パン!パン!
まったく動くことのできない僕に、かおりは容赦なく平手を浴びせた。
「ぎゃあ~、わー!わーん!や、やめてー!わーー!!」
動けない僕は泣き叫ぶことしかできなかった。
「きゃはははは!!オラ!泣け!泣け泣けぇ~!!」
パンパン!パンパン!パン!パン!パン!
「わ~~~~~~!!わーーーーん!ゆるしてぇ~!」
かおりはいっそう激しく僕にビンタを浴びせた。
「ねえ、彼氏?アンタ情けなくないの?自分の彼女の前で中学生に泣かされてさ?オラ!泣け!泣き叫べ!きゃはははは」
パン!パン!パン!パン!
「ぎゃああー!うわぁぁ~~~ん!!」
「きゃははは、お姉ちゃん?彼氏超かっこわるいよ?」
ユカは楽しそうに姉に話しかけている。あみは泣きながらずっと俯いている。
グッ
かおりは僕の髪の毛を引っ張り上げて、立たせた。
「ねえ、なんなの?さっきのあの反抗的な目は?」
「ううう、ごめんなさい…許してくださいぃぃ」
「ぷっ、きゃははは、なにこいつ!?」
そう言うと、ユカとかおりは僕の服を脱がせてきた。
「や、やめてよーー!!」
僕は本気で抵抗したが、なす術もなく裸にひんむかれてしまった。
こともあろうに、僕のチンポは真上にそり立っていた。
「きゃはははは!ちっちゃいチンポ!お姉ちゃんこんなチンポで感じるの!?」
「ほらぁ、彼氏、恥ずかしいかっこうで彼女の前で精子ぶちまけなよ」
そう言うとかおりは僕の両足を持ち上げた。
僕はちょうど小さい子供が、おしっこをするときのような恰好でかおりに持ち上げられた。
「ううう」
僕は恥ずかしくて前を見れなかった。
「きゃはははは、ほら!彼女の方見なさいよ!」
ユカは僕の顔を手であみの方へ向けた。あみもまたもう一人の女の子に、顔を押さえつけられ、僕の方を見ている。
「きゃははははは!!ほらほらほらぁ~!」
シュシュシュシュシュ!
ユカはもの凄い勢いで、僕のペニスをしごいた。
「あああーーああぁぁぁあぁ~~~!!」
僕は情けない声で喘ぎ声を出した。ユカのもう一つの手が僕の顔を押さえ、あみの方を向かせている。
「ううう、やめて、やめてよぉ」
あみは泣いていた。
シュシュシュシュシュ!
ユカはさらに激しく僕のペニスをしごいている。
「ああ!!い、いく!い、いっちゃうぅ!い、い、いく!!」
僕のペニスは早くも我慢の限界だった。
「はあ!?もう!?お前高校生だろ!?きゃははは!」
「きゃはははは!うっそぉ?!自分の彼女の前で、彼女の妹に手コキでいかされちゃうの!?」
僕とあみは目が合った。
シュシュシュシュシュ!
「あぁぁぁぁーー!!!いくぅ!いくぅぅぅぅーーーー!!!」
ドピュドピュ!!ピュピュ!!
「あぁぁぁぁ」
僕がいく瞬間、あみは哀しみの表情で僕を見ていた。
「あああーーーーー!!!きゃははははは!!!はっや!!ちょううける!」
「きゃはははは!こいつ自分の彼女の目の前で、彼女の妹に犯されてんだけど!?」
「きゃはははははははは!!」
「おい!早漏彼氏!生意気な顔すんなよ!きゃはははは!」
笑いながら彼女達は部屋から去っていった。
プロフィール

こーき

Author:こーき
顔は恥ずかしくてだせないので
似顔絵で勘弁してください^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
  • seo
あわせて読みたいブログパーツ ページビューランキング ブログランキング『Girls Power』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
広告のお問い合わせ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。